朝日ぐんまって 朝日フォトコンテストコラム

コラム

総局長日記

桜と重ねる歴史[4月19日号]

 見ごろを迎えた前橋市苗ケ島町の「赤城南面千本桜」で桜のトンネルを歩きました。平日を狙いましたが、満開のソメイヨシノを愛でる家族連れやカップルでいっぱい。21日まで桜まつりが開かれ、ライトアップで夜桜も楽しめます。

 白い花を一斉に咲かせて一気に散るソメイヨシノは実を結ばず、自然には増えません。江戸時代終わりごろ、2つの種を交配して誕生。1本の原木から接ぎ木挿し木で増やされました。学校や並木などで咲く、あらゆるソメイヨシノは全て同じDNAを持つクローンです。

 人の手でしか増えないからこそ、常に人間社会の営みとともにあります。日清日露戦争の勝利記念、高度成長期の宅地や市街地の開発、憩いの場や名所づくり……。それぞれに植樹の歴史があります。

 海外にも多く根付き、友好の象徴となっています。有名なのは、米国ワシントンのポトマック河畔に1912年、東京市長が贈ったもの。毎春、盛大な祭りがあります。個人的にはスイス・ジュネーブのWHO本部に小さな桜並木を見つけ、それもまた関係者の努力によるものと聞き、胸が熱くなった経験があります。

 赤城南面千本桜も、荒廃した山を緑化しようと旧宮城村民らが戦後に植えたと学びました。ただ、ソメイヨシノの寿命は60~70年。そろそろ老齢期です。いつまでも桜の名所でありたいと、隣地に37種約500本の桜や住民らの持ち寄った約15万株の芝桜が植えられました。これらの活動や維持管理もまた、住民らが継いでいるという成り立ちに、心ひかれます。(朝日新聞社前橋総局長 岡本峰子)

「総局長日記」バックナンバーはこちら

上州日和

食品ロスと賞味期限[4月19日号]

 まだ食べられるのに捨てられる「食品ロス」は2016年度、推計値643万トン(環境省発表)。国民一人当たり1日に茶碗1杯分のご飯に相当するという。自分も買った野菜や果物を無駄にすることが多々あり、耳が痛い。

 食品ロスの原因の一つに「賞味期限」があるといわれる。開封前の加工食品がおいしく食べられる期限のことで、切れたものはすぐに傷み始めるわけではないが、敬遠する消費者も多い。一方で、期限切れ商品を安価で販売するスーパーが登場するなど、食品ロス削減への動きが全国に広がっている。

 以前、ある人から「製造日から賞味期限までの日数の1・5倍の期間は大丈夫」と聞いて以来、個人的にはあまり気にせず自己責任で食している。実際、期限後1カ月の納豆の時は、風味は劣るものの体に異変はなかった。

 今朝、賞味期限が今年1月末のヨーグルトが冷蔵庫から出てきた。一瞬、躊躇したが「そもそも発酵食品。見た目や匂いが変わりなければ平気!」と言い聞かせ、恐る恐る開封。すると、真っ白でなめらかな表面が見えた。「え?食べるの?マジで?」家族の非難を浴びる中、ひと口…。そして半日経った今、体調に全く問題はなく元気に仕事をしている。

 それにしても、賞味期限3カ月過ぎの食品を食べるのは、さすがに自慢にならない。今後は、必要な分だけ購入し計画的に消費するという当たり前のことを徹底し、食品ロスの削減に努めていきたい。(上原道子)

「上州日和」バックナンバーはこちら

朝日ぐんま 群馬県前橋市南町4-37-8 シャトレ南1F
Tel.027-221-1435(代) Fax.027-221-1768 
office@asahigunma.com
asahigunma.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本著作権法並びに国際条約により保護されています。