朝日ぐんまって 朝日フォトコンテストコラム

コラム

総局長日記

地域医療を担う[5月18日号]

 春先、出身の兵庫県立高校の同窓でつくるSNSページが盛り上がりました。春の甲子園大会で活躍した球児の母親が、同級生だったとわかったのです。野球だけでなくスキーも得意で学力も高いという記事を読み、やはり文武両道だった彼女の顔を思い浮かべました.

 自治医大(栃木)の存在を知ったのは、彼女の進学先として聞いた高校卒業前です。「へき地のお医者さんになりたい」。30年余り前の言葉通り、過疎地域の診療所で今も働いていると知りました。

 同大は、地域医療を担う医師を育てるため1972年、都道府県が共同で開きました。学費は貸与され、卒業後に出身県が指定する病院などで一定期間働くと、返済を免除されます。

 この方式が、十数年前から注目を集めています。都市や特定の専門科に医師が偏り「地域医療が崩壊する」と危機感が高まった頃。各地の大学医学部が入学定員に「地域枠」を設け、県が奨学金制度を整えました。2015年度で全国1250人を数えます。

 群馬では09年に5人で始まり、今春は18人がこの枠で群馬大に入学しました。今月中旬、その新入生らが県庁を訪れて決意と抱負を語る様子に、かつての同級生の輝く瞳を重ねあわせました。

 縦割りの専門分野にとらわれず、総合的な医学知識と人に向き合う能力を駆使して住民の命と健康を守り、地域福祉を向上させる――。全国の取材先で出会った自治医大出身者から感じる姿勢です。単に医師不足地域で診療するだけではない医師が、地域枠から多く巣立つことを願っています。(朝日新聞社前橋総局長 岡本峰子)

「総局長日記」バックナンバーはこちら

上州日和

人の振り見て…[5月18日号]

 春の高校野球関東地区大会県予選が終わると、弊社は夏の大会特別号発行に向けて、参加全校の集合写真撮影を始める。数人で分担するのだが、練習の合間を縫って短期間で行わなければならないため結構大変だ。

 先日、今年初の撮影が入った。その球場は会社から2時間近くかかる上に、スタートは午前8時半から。しかも練習試合の前なので遅れる訳にはいかない。約束の20~30分前に着くように家を出た。ところが、朝の通勤ラッシュは予想以上に凄まじく、駐車場に着いたのは午前8時20分を回っていた。

 ダッシュでグラウンドに向い、何とか遅れずにすんだものの、ノック練習を切り上げ既に準備万端で出迎えてくれた高校球児に対し、ちょっとバツが悪かった。と、その時、監督からの一言が。「1社、遅れていますので少しお待ち下さい」 ギリギリだが間に合って良かったとホッと胸をなで下ろした。

 他社のカメラマンが到着したのは40分過ぎ。遅刻や周囲を気にすることなく、マイペースで撮影を行っていった。礼儀正しく時間厳守の球児と比べ、そのユルさが際立ち他人事ながらヒヤヒヤした。

 「たかが10分、されど10分」。遅刻そのものも良くないが、その後の本人の態度で人に与える印象は大きく変わるなと痛感した。とはいえ、自分も決して褒められたものではない。「人の振り見て我が振り直せ」 その言葉を改めて肝に銘じた1日だった。(中島美江子)

「上州日和」バックナンバーはこちら

朝日ぐんま 群馬県前橋市南町4-37-8 シャトレ南1F
Tel.027-221-1435(代) Fax.027-221-1768 
office@asahigunma.com
asahigunma.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本著作権法並びに国際条約により保護されています。