朝日ぐんまって 朝日フォトコンテストコラム

コラム

総局長日記

天空の…[7月12日号]

 紅葉に映える 妙義山――。行ってきました妙義山。と言っても登ったわけではなく、近くから眺めてきました。表現が適切か不安ですが、あんなにギザギザした山ってほかにあるんですかね。香川・小豆島の寒霞渓や大分県の耶馬渓とともに、日本三大渓谷美のひとつに数えられているそうです。

 名前の通りふもとにある、妙義山麓美術館(安中市)のテラスからの景色は最高でした。100年前に福岡出身の洋画家、青木繁(1882~1911)が描いた妙義山風景そのものとのこと。館長の稲川庫太郎さんが教えてくれました。テラスの前はかつて、なし畑が広がっていたそうです。白い花が咲いたときはきっと、さらに美しかったに違いないですね。

 稲川さんのご厚意に甘え、近くにある妙義神社(富岡市)を案内していただきました。急で長い階段に、老杉の生い茂る荘厳な雰囲気。NHKの大河ドラマ「義経」の撮影が行われたというのも納得でした。

 私に美術的なセンスはまったくないのですが、それでも、手の込んだ彫刻が随所に見られる建物、狩野探幽の絵や円空仏などの収蔵品の数々に、「へー」「ほー」。

 驚いたのは妙義神社が5年ほど前に、小惑星の名前になっていることでした。妙義神社のホームページには「最近、『天空の城』という言葉が流行っております。当社もいよいよ言葉通りの『天空の社』と成りました」。うまいこと言いますね。勉強になります。次は、かるたにあるように、紅葉の季節に訪れてみたいです。(朝日新聞社前橋総局長 熊谷 潤)

「総局長日記」バックナンバーはこちら

上州日和

佐々木ワールド[7月12日号]

 7月に入り、各テレビ局で夏ドラマがスタートした。話題作が多い中、「これは見ねば」と心に決めているドラマがある。人気漫画家・佐々木倫子さんの同名コミックを実写化した「Heaven?~ご苦楽レストラン~」だ。

 初期の「ぺパミント・スパイ」やヒット作「動物のお医者さん」、近作「チャンネルはそのまま」など、高校生の頃からずっと愛読している漫画家なので否が応にも期待は高まる。

 佐々木さんの作品はどれもコミカルでシニカルでシュール。クスっと笑える中に含蓄あるセリフが挟み込まれており、「そうだよな」と共感したりジンときたり。レストランを舞台にした「Heaven?」もしかり。コメディ要素てんこ盛りでハチャメチャだが、サービスの極意や、働くことの本質を突くセリフが次々と繰り出され小気味よい。

 変わり者の女性オーナーが、ある従業員に「レストランで一番大切なことは距離感よ」と伝えたかと思えば違う従業員に「非日常よ」と返答したり。挙句の果てには「酒がたくさん飲めることよ」と言い放つ。スタッフは困惑するが全て大切なこと。業種は違えど、仕事をする上で多くのヒントを与えてくれる。

 9日にスタートした第1話は原作同様、登場人物たちの掛け合いがテンポ良く飽きさせない。特に従業員のオーナーに対する「諦観」の笑みが秀逸。強烈な佐々木ワールドを壊すことなく、ドラマならでは独自性をどこまで出せるか。第2話も楽しみだ。(中島美江子)

「上州日和」バックナンバーはこちら

朝日ぐんま 群馬県前橋市南町4-37-8 シャトレ南1F
Tel.027-221-1435(代) Fax.027-221-1768 
office@asahigunma.com
asahigunma.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本著作権法並びに国際条約により保護されています。