にゃんこスターの話(Vol.16)

にゃんこスター浅草初舞台に乱入事件の犯人おぼん容疑者。深々と謝罪

芸人、ミュージシャン、俳優、声優など幅広く活躍する金谷ヒデユキさんが、芸人目線で世間を斬ります。不定期連載。

どうも!浅草漫才協会に所属しております、金谷ヒデユキです。このたび漫才協会に新メンバーが加わりました。漫才の大会THE MANZAI優勝の「ハマカーン」、コントの大会キングオブコント準優勝の「にゃんこスター」、ひとり芸の大会R1ぐらんぷり優勝の「じゅんいちダビッドソン」など総勢10組。5月から続々と新メンバーが舞台に上がっております。

そんな中、先日「にゃんこスター」が初めて浅草東洋館の舞台に上がった時の話。TVなどで「にゃんこスター」をご覧になった方は御存知かと思いますが、この2人男女コンビで、女性の方、アンゴラ村長がコントの中でなわとびを飛ぶネタを得意としております。その初舞台。出番前に舞台の袖にコントで使うなわとびを慎重にセッティング。そして元気よく舞台へ飛び出して行きました。

舞台上で初めてのお客さんに自己紹介。初々しい自己紹介。若手らしい爽やかな挨拶。その隙に舞台袖に現れたのが、ベテラン芸人「おぼんこぼん」の「おぼん師匠」。

「水曜日のダウンタウン」の解散ドッキリ企画でお馴染み、おぼん師匠。何をするかと思えば、舞台袖のなわとびを手に持ち「これ、なわとびなかったらビックリするやろなー」とニヤリ。ドッキリでお馴染みのおぼん師匠が自らドッキリ企画を!やってる事が小学生!

そんな事はつゆ知らず2人のコントが始まりました。さあ、いよいよなわとびを飛ぶ時間だ。なわとびを隠されたアンゴラ村長どうする?と思っていたら、彼女は迷いもなく反対側の舞台袖へ。そちらにセッティングしてあったなわとびを使って華麗にジャンプ。不測の事態に慌てるおぼん。ドッキリ仕掛けたおぼんがドッキリ。まさかの逆ドッキリ。解散持ちかけたはずが解散を言い渡される「水曜日のダウンタウン」の再現だ!

その後テンションのおかしくなったおぼん師匠。そのなわとびを持って舞台に乱入。今度はお客さんがドッキリ。いやビックリ。何が起こったのか分からず唖然呆然。舞台袖では芸人たちが大爆笑。その様子を太田プロの芸人「新宿カウボーイ」の石沢くんがツイート。そのツイートをリツイートしたのが石沢くんの先輩、日本一のフォロワー数を誇る有吉くん。瞬く間におぼん師匠の暴挙は世界に広まりネットニュースに。

「にゃんこスター、浅草での初舞台に先輩芸人が乱入し大いにスベる!」

「お笑いスター誕生」で脚光を浴び、現在70歳にして「もっと売れたい~」が口癖のおぼんスター。まだまだ大暴れの予感。。

金谷ヒデユキ

金谷ヒデユキ

安中市出身。フジTV「タモリのボキャブラ天国」にて「地獄のスナフキン」の愛称で親しまれた音楽芸人。現在は音楽活動、芸人活動の他、声優として「機関車トーマス」アニメ「けいおん」等にも出演。ツイッターのフォロワー募集中。