みなかみ町のブランドイメージ向上に全力(Vol.74)

天神平から望む星空と谷川岳
天神平から望む星空と谷川岳

今年6月、国内で9カ所目となる「ユネスコエコパーク」にめでたく登録されました。

エコパークは、同じユネスコが認定する世界遺産の目的である「保護・保全」とは少し異なり、文科省のHPでは、「生態系の保全と持続可能な利活用の調和を目的としており、保護・保全だけでなく自然と人間社会の共生に重点が置かれている」とされています。

今後は、このことを観光に携わる私たちが強く誇りを持って意識し、継続的に発信し、町のブランドイメージの向上につなげて行くべく全力を尽くしていきたいと思います。

エコパークの緩衝地域である、「谷川岳ロープウェイ」では、今月28日までの毎週金土曜日に夜の特別運行「天空のナイトクルージング」が行われています。夜のゴンドラは「宇宙空間に飛び出すような感覚」と評判で、約15分間のクルージングが楽しめます。山頂駅に到着した後は、天気が良い日には満天の星空を鑑賞することができます。標高1300㍍の天神平は周囲の明かりが遮られているため、麓で見る星空とは格段に違います。

現に、「案内が親切」と評判のボランティアガイドさんですら、星の多さにその位置を見まちがえるほどです。来週末にかけては、オリオン座流星群が期待できます。もしも、天気が悪い場合でもご安心ください。毎回日替わりで室内プログラムを開催しています。今晩は、「谷川岳からヒマラヤへ」と題して、日本山岳協会会長であり谷川岳山岳資料館館長である、八木原國明氏の講演会を開催します。さらに来週は、谷川岳のベテランガイド中島正二さんのトークショーや猿ヶ京温泉に伝わる民話の語り部など多彩なイベントをご用意しております。また、地ビールやチーズタルトの名物販売も行います。

「ユネスコエコパーク」に登録された「みなかみ」の週末はイベントもりだくさん。日中だけでなく夜の魅力もたっぷりの谷川岳にぜひお出かけくださいませ。

 

みなかみ町観光協会 観光戦略課
課長補佐 木村 崇利 さん
【略歴】74年みなかみ生まれ。県立沼田高等学校卒業後、利根沼田農業協同組合に11年間勤務ののち、07年から現職。