アジの開き[新年会などの行事も、ひと息ついたころでしょうか。ついつい食べすぎ、飲みすぎてしまうのが…]

新年会などの行事も、ひと息ついたころでしょうか。ついつい食べすぎ、飲みすぎてしまうのが年末年始の私です。健康診断も控えているし、久しぶりに体重計と対面することに。おそるおそる乗っても、素早く乗っても結果は同じ。数字は残酷なほど正直です。

前橋初市まつりが9日にありました。江戸時代から400年以上も続いているそうです。ものすごい人でにぎわっていました。市街地に多くの方が集まるのを見るのは、昨年7月の前橋七夕まつり以来のような気がします。

人混みから少し外れた路地の食堂で、お昼にアジの開き定食を食べていたときのこと。一人のおばあちゃんが店を訪れ、店主さんと会話を楽しんでいました。「お久しぶり」「お元気でしたか。いつ以来かな?」「昨年の七夕まつりだね」。食事を終え、「またね」「七夕まつりにね」。

そんな会話を聞いていると、なんだか温かい気持ちになりました。祭りは、わいわい盛り上がるのもいいし、こうして昔ながらの知り合いとの再会を、じんわりと楽しむのもありですね。地域の方々が、それぞれの思いをはせられる祭りだからこそ、長く続くのだなと思います。

帰り道。祭りの会場で、政治家らが何やら一生懸命訴えていました。2月に前橋市長選があります。気持ちはわかるけど……。アジの小骨がのどに刺さったような感じになっちゃいましたよ。

(朝日新聞社前橋総局長 熊谷 潤)