クリアカヌーで“四万の青”を楽しんで(Vol.87)

奥四万湖の豊かな自然が満喫できるカヌー体験会
奥四万湖の豊かな自然が満喫できるカヌー体験会

春真っ盛り。四万温泉は、これから個人的に一番オススメな新緑シーズンを迎えます。

今回は、この時期一番訪れてほしい場所「奥四万湖」をご紹介します!奥四万湖は1999(平成11)年に完成した四万川ダムによってできた人造湖です。開かれたダムとして、湖を囲むように4・5㌔の周遊道路が整備され、親水公園もありウォーキングやサイクリングを楽しむことができます。

7月22日にはダムの内部を見学できるツアーも開催されます。堤高の89・5メートルは群馬県が運営するダムとしては最も高いそうです。奥四万湖の一番の特徴は水の色。透き通ったコバルトブルーと新緑とのコントラストは圧巻で、息をのむ美しさです。まさに絵具をぶちまけたようなビビットな色彩なので是非、直接見て確かめて頂きたいです!!

そんな奥四万湖でのカヌー体験が、今月17日からスタートしました。四万の豊かな自然を体感してもらおうと、グリーンディスカバリー(主催者)が4月~11月まで毎年行っています。目玉は、今年初めて導入された2艇の「クリアカヌー」。奥四万湖の透明度は、18・5メートル(H22年環境省調べ)。船体がオールクリアのカヌーに乗れば、奥四万湖の水の透明度とその青さをより実感することができます。

奥四万湖の水量が多い4月~5月の期間限定、グリーンディスカバリーのリピーターのお客様と四万温泉にご宿泊のお客様限定になりますので、是非、お泊りでお楽しみ下さい。

今年の温泉街の桜は例年より早く、あっという間に見頃が終わりました。奥四万湖は温泉街よりも標高が高いので、もしかしたら、桜・新緑・四万の青を楽しめるかもしれません。もうすぐGW、四万温泉へのお越しを心よりお待ちしております。

 

四万温泉協会
宮﨑 博行 さん
【略歴】1985年中之条町生まれ。駿河台大学卒業後、2008年四万温泉協会に入社。主に広報・宣伝を担当。