上野村では、都会にはない「何か」が見つかります(vol.149)

自転車イベント「ライドハンターズin上野村」

1200人弱。県内で最も人口の少ない自治体・上野村は、95%が森林の典型的な山村で、広葉樹の多い山は四季折々の風景が楽しめます。そんな村の活性化のため、観光・産業振興などに取り組んでいるのが当センターです。普段は観光案内所でお客さま対応を行いながら、村ならではの観光素材を活かした様々なイベントを企画・運営しています。中でも、特におすすめのイベントをご紹介いたします。

一つ目が、自転車に乗り制限時間内に自由に村内を巡って得点を競う「ライドハンターズin上野村」。上野スカイブリッジのような観光名所はもとより、旧跡や個人商店、果ては道端のお地蔵さんなど様々な場所が立寄り場所になっており、新たな魅力を発見できます。

二つ目は「ノルディックウォークin上野村」。昔ながらの美しい風景が今も残る旧道沿いを、2本のポールを使って歩きます。体への負担が少なく、どなたでも楽しめます。特産イノブタ肉を使った「ヘルシーいのぶた汁」のサービスも人気。どちらも今年4月に開催予定ですので、ぜひご参加ください!

昨年の台風19号では村内でも一時は土砂崩れが発生し、いくつかのイベントは中止となりました。早急に復旧作業を行い、通行止めは大半が解消しています。当センターで開催した復旧PRイベントには、たくさんの方にお越しいただきました。

村にはコンビニもスーパーもありませんが、豊富な自然や昔ながらの地域交流など都会にはないものがあります。日々の生活に疲れた時、ぜひ訪れてみてください。きっと「何か」が見つかります。

 

一般社団法人上野村産業情報センター
主任 石井 貴裕

【略歴】1980年高崎生まれ。大学卒業後、地元高崎市で量販店勤務を経て、2016年上野村に移住し現職。「ライドハンターズin上野村」やサイクリングツアーなど、同村活性化イベントの企画や運営、大学生との交流事業などを担当