住みたい集合住宅を設計 コンクールで上位賞に輝く

群馬日建工科専門学校の髙麗さん

群馬日建工科専門学校(前橋)の建築設計研究科3年の高麗弥咲さんが、第14回JIA関東甲信越支部(北関東甲信越地域会)の「学生課題設計コンクール2020」で銅賞を受賞した。

受賞した設計作品は、「あいまい~私の住みたい集合住宅~」。「ものづくり」と「自然」をテーマに、木工体験のできる集合住宅を表現した。建築設計図案や細かく作りこんだ建築模型が審査で評価された。高麗さんは「とてもうれしいです。赤城山を望み、自然豊かな前橋市内の集合住宅をイメージしました。暮らしの中に、木工やDIYが楽しめるスペースを取り入れて、コミュニティある場を作りました。先生方の熱い指導のもと、諦めず挑戦して良かった」と喜びを語った。同校の山田桐子副校長は「受賞が学生にとって大きな励みになってうれしい。今後も指導に力を入れたい」と話した。同校(027-226-7337)。

掲載内容のコピーはできません。