女性の私らしい働き方を支援(vol.147)

20191227地域繚乱
おおたなでしこ未来塾 第5期 コワーキングスペース「ミライス」にて

5年前、太田市が女性起業家を輩出するためスタートした「おおたなでしこ未来塾」。今年4月に卒業生が中心となって「一般社団法人なでしこ未来塾」を設立しました。当法人は女性起業家のプラットフォームとして、互いの事業やスキルがシナジー効果を生み出す横と縦の繋がりを作ることで「女性が自分らしい働き方とキャリアを形成しやすい、より豊かな社会の実現」に貢献していくことを理念としています。

現在、5人からなるメンバーは、普段はそれぞれカメラマンやカラーコンシェルジュ、料理研究家、ウェブデザイナー、訪問保育サービスの代表として活躍する傍ら、互いの経験を活かしながら当法人の事業展開にも積極的に携わっています。

具体的には女性に特化したコワーキングスペース「ミライス」を太田市から委託を受け運営し、働く女性の多様なニーズに対応した各種講座事業にも取り組んでいます。そして、太田市主催の創業塾「おおたなでしこ未来塾」のメンターとして受講者を伴走支援する体制もとっています。

私自身も仕事と家庭の両立に悩み、好きな料理を仕事に起業はしたものの、思うように事業が成長せず空回りしていた時期があります。そんな時、おおたなでしこ未来塾に出会ったことで、仲間とともに自己実現に向けて邁進することができました。だからこそ、やりたいことがわからない、今このままでよいのかと思いながら一歩を踏み出せない方は、一人で悩まないで気軽に一般社団法人なでしこ未来塾を訪ねてほしいと思います。私たちは女性たちの様々な起業ニーズ、支援課題に応えられるようこれからも尽力していきます。

 

一般社団法人なでしこ未来塾 代表理事
桑原 海鷹

【略歴】1977年中国遼寧省生まれ。2001年来日。2005年筑波大学大学院環境科学研究科卒業。卒業後は国立産業技術総合研究所などにテクニカルスタッフとして10年間勤務。2015年おもてなし料理教室「アジアンフードサロンJURIANを設立。2019年4月、一般社団法人なでしこ未来塾の代表理事に就任