富岡で楽しむ現代アート(Vol.16)

ユニークな作品が所狭しと並ぶ展示会場
ユニークな作品が所狭しと並ぶ展示会場

富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館では、今月13日まで「今どきアート ~コレクターI氏の密かな楽しみ~」を開催しています。今年で開館20周年を迎えた当館でも、ここまで大々的に現代アートを紹介する展覧会は初めてになります。

本展で紹介する「I氏コレクション」は多くの美術関係者に注目されているのですが、このコレクターが富岡市在住ということはほとんど知られていません。このコレクションを地元富岡で初めて紹介すると同時に、世界的にも有名な作家や町田久美、大竹夏紀など群馬県にゆかりのある作家の多彩な現代アート作品を肩肘張らずに楽しめる機会になっています。ご覧になれば、必ずや皆様の琴線に触れる作品に巡り合えることでしょう。

さらに、作品数も普段の企画展の約3倍になる170点を展示しています。これだけのボリュームなので、企画展示室に限らず2階ロビーにまで展示スペースを広げて、館内がとても賑やかな空間になりました。
そして、今回はコレクターや作家のご厚意で、作品の写真撮影のご許可をいただきました。また、チケットの半券やチラシには200円引券がついていますので、一度来館された方もお得にリピートできます。2回目はぜひカメラを持って、お気に入りの作品を撮影しに来てください。

また、12、13日は両日ともコレクターI氏が来館します。作品や作家さんにまつわる裏話も豊富ですので、色々な楽しいお話も聴けるでしょう。

これだけの規模でI氏コレクションを目の当たりにできる機会は、今後いつ訪れるかわかりません。ぜひ、本展へお出かけくださいますよう職員一同、心よりお待ちしております。

 

富岡市立美術博物館・福沢一郎記念美術館学芸員
北泉 剛史 さん
【略歴】82年横浜市生まれ。鶴見大学大学院修了。民間企業や博物館勤務を経て、14年7月から現職。