新聞[叱られるかもしれませんが、最近、じっくり新聞を読んでいます(笑)…]

総局長日記タイトル画像

叱られるかもしれませんが、最近、じっくり新聞を読んでいます(笑)。インターネット、デジタル化……。以前よりも紙の新聞の読者は減ってしまいましたが、やっぱりなかなか面白い。と、思います

デジタルの世界では、自分が興味を持つことばかりに近寄りがちです。でも新聞を読んでいると、そんなに関心のない世界にも触れやすくなります。さすがに今は、ページを前からめくっても、後ろからめくっても、「コロナ」「コロナ」「コロナ」。それでも、いろんな話題があるものです。

群馬から遠く離れたイタリアでの話。日本人バイオリニストが病院に頼まれて、屋上で演奏を披露したそうです。医療に携わる人たちへの感謝と、患者たちがまた、音楽や芸術を楽しめる日が来るように祈りを込めて。心温まります。

テレビ番組の紹介欄では、新しいドラマの放送開始が告げられました。新型コロナウイルスの影響で、予定通り始まらない番組もあり、相次ぐ再放送にも飽きていたところ。なんだかうれしくなります。

各種大会などが開かれない中でのスポーツ面。馬が美しく躍動する写真が載っていました。無観客の中山競馬場。皐月賞。優勝した馬は父子2代での制覇でした。そして騎手も父に続く親子制覇です。感心します。

私はそんなこんなで、毎日を送っています。みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

(朝日新聞社前橋総局長 熊谷 潤)