朝日フォトフェス 盛大に開催、終了

第22回朝日フォトコン2019 第5回朝日中学生高校生フォトコン  表彰式 入賞者70人と1校を表彰  全入賞入選作品262点展示
写真家 福田健太郎さん講演会も

フォトコン2019表彰式

第22回朝日フォトコン2019と第5回朝日中学生高校生フォトコン(群馬県朝日新聞グループ会・ネッツトヨタ高崎主催)の入選・入賞作品展が2月14日~16日に、合同表彰式が2月16日、高崎シティギャラリーコアホールで開かれた。
関連イベントの講評・講演会では、カメラの世界で高い評価を得ている福田健太郎さんが登壇し、「写真をもっと楽しむ ―自然、風景、生命をめぐる旅―上位作品講評会」と題して講演した。また、展示室では、入賞入選作282と福田さんの作品10点が展示された。
 朝日フォトコンは、応募総数2649点から選ばれた大賞・朝日新聞社賞をはじめとする28作品と年間最多賞が、中高生フォトコンには、高校28校(県外1校)786点、中学校3校63点の849点から選ばれた入賞42作品と学校賞1校が表彰された。
表彰式では、朝日フォトコンは、応募総数2649点から選ばれた大賞・朝日新聞社賞の神保忠雄さん(62)など28作品と年間最多賞が、中高生フォトコンには、大賞・朝日新聞社賞を受賞した糸井舜樹さん(前橋工高1年=16)をはじめとする入賞42作品と学校賞1校に賞状を授与。最後に全入賞作品をスライドで紹介し、全員で記念撮影=写真=を行った。