沼田らしい「秋」探してみませんか(Vol.100)

第5回沼田花火大会(昨年)

いくぶん暑さも和らぎ、ようやく涼しさを感じられるようになってきましたね。お盆は夏バテでグッタリ、なんて方もいらっしゃったことでしょう。皆さんお体の加減はいかがでしょうか。

さて、秋の気配が感じられる沼田ではこれから、季節の魅力が盛りだくさんです。まずは第6回を迎える9月8日の「沼田花火大会」。今回も各地の花火大会を手がける「(株)丸玉屋」渾身の芸術玉が夜空を彩ります。注目ポイントは光(花火)と音楽。コンピュータ制御によるハイスピードな花火打ち上げは、音楽とシンクロして観客の「目」と「耳」に感動を届けます。沼田花火は観客の目の前で打ち上がるため迫力満点。ぜひ一度、会場内でご覧になることをお勧めします。

また、沼田の秋といえば、やはり「りんご」ではないでしょうか。関東でも有数のりんご産地である沼田は、品種の多さもさることながら、質・量ともに自信を持ってご紹介できます。特に市内で誕生した「ぐんま名月」は甘みが強く、一部では「幻のりんご」などと評判です。市内の観光りんご園は来月上旬からオープン予定。紅葉とりんご狩り「沼田らしい秋」の一つではないでしょうか。

まだまだ沼田の秋の魅力は尽きません。吹割の滝や玉原高原、迦葉山など、赤や黄に色づく景色は皆さんを魅了することでしょう。また、11月の上州沼田真田まつりで沼田真田氏の歴史に触れれば、情緒やロマンを感じることでしょう。そのほか、老舗湯宿で身体を癒やすもよし、由緒ある山寺で禅を学び、心を静めるもよし。沼田らしい秋の楽しみ方、探してみてはいかがでしょうか。

 

沼田市役所経済部観光交流課
主任 平井 将晴 さん
【略歴】89年沼田市生まれ。大学卒業後、2013年沼田市役所入庁。観光交流課に所属、観光推進業務に従事