街の映画館復活[3月16日号]

明日17日、前橋市千代田町の中心街に「前橋シネマハウス」がオープンする。かつて、「前橋テアトル西友」や名画座「シネマまえばし」と呼ばれた映画館施設だ。

前橋で生まれ育った私にとって、20代後半まで足繁く通った「前橋テアトル西友」は、思い出深くかけがえのない場所だった。ヒット作から名作の上映に加え、ヒッチコックやゴダールといった巨匠作品を特集するなど、そのプログラムは多彩で刺激的。泣いたり笑ったり感動したり、人生の勉強をいっぱいさせてもらった。さらに、前橋テアトル西友に隣接していた書店「リブロ」はサブカルチャーの本が充実しており、両館をセットで訪れるのが何よりの楽しみだった。

2006年にテアトルとリブロが閉館して以来、街中から足が遠のいてしまっていた。最近、プライベートも落ち着き、「あの空間でまた映画をゆっくりと観たいな」と思っていただけに喜びはひとしおだ。

オープン初日から30日まで、ミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」など4作品が特別価格1000円で鑑賞できる。今後も、家族で楽しめる作品や名画を上映していくという。

アーツ前橋が入る建物3階に「復活」する前橋シネマハウスの周辺には新しい店が次々とオープンしており、週末ともなると様々なイベントも開かれている。今度の休みの日はのんびり、まったり、映画と街中散歩を楽しみたいと思う。

(森作理恵)