高校野球取材[5月19日号]

3月末に入社。あっという間にもうすぐ2カ月を迎える。来月には父親になる予定の今年35歳。アラフォーに足を踏み込む新入社員だ。以前新聞社に勤めていた経験はあるが、勉強の日々を送っている。
時には企画書を持って企業に広告を提案する営業マン、時には取材をして記事を書く記者であったりと仕事内容は様々。いずれの役割でもよりよい紙面を読者に提供し、地域の魅力を再発見する一助になれたらと考え仕事に取り組んでいる。
メーンで担当しているのが高校野球の取材。夏の大会の前哨戦ともいえる春季大会の決勝が先日行われた。前橋育英が4季連続で健大高崎を破り3年連続の優勝を飾った。今春の選抜高等学校野球大会にも出場した両校が夏の大会でも優勝候補になるだろう。
今月から、夏の高校野球特別号に載せる県内各校の集合写真撮影に回り始めた。春と違い県代表として出場できるのは1校。3年生にとっては最後の夏。闘いは既に始まっており、熱の入ったプレーを目の当たりにする。グラウンドに行くと選手が元気に挨拶をしてくれ、すがすがしい気持ちになる。目標に向かうひたむきな球児たちを紙面で取り上げていきたい。
明日20日から、春季関東大会が茨城で開幕する。春季大会で優勝、準優勝した前橋育英、健大高崎が関東の強豪に挑む。実力を発揮して頂点を目指してほしい。

(林哲也)