高校野球[5月24日号]

18、19両日、埼玉県であった春季関東地区高校野球大会に行ってきました。甲子園でおなじみの強豪校も見かけ、レベルの高さを感じました。群馬からは前橋育英と健大高崎の2校が出場しました。残念ながら両校とも初戦で姿を消してしまいましたが、夏に向け、たのもしく感じる場面もたくさんありました。

特にすごいな、と思ったのは前橋育英の森脇真聡選手。強豪の東海大相模(神奈川)相手に、3打点の大活躍です。バックスクリーンにたたき込んだホームランは見事。終盤にレフト越え3塁打で追い上げると、球場がドワッとわき上がりました。

学生時代から高校野球が好きでした。ただ、剣道をやっていた私にとっては、高校野球の華やかさはうらやましくもあり、うらめしくもありました(笑)。新聞記者になって、球場で高校野球の地方大会を見たのは10年以上ぶり。試合そのものはもちろん良いのですが、多くの人が一丸となって、球場という「舞台」を盛り上げているのが、やっぱりいいなと思いました。審判、ボールボーイ、電光掲示板を管理する人、場内アナウンスをする人、入場券を切る人……。

今年の夏も、甲子園が球児たちを待っています。代表の座を競う群馬大会の開会も着々と迫っています。きっと、心躍るすてきな試合が見られるだろうと、今から楽しみです。選手のみなさんにとっても思い出の大会となってくれれば、主催者としてうれしいです。

なんだか書いているうちに、学生時代のことを思い出してうずうずしてきました。これから剣道の防具と竹刀の手入れをします。

(朝日新聞社前橋総局長 熊谷 潤)