1984年(昭和59年)9月1日(土)第29号

1984年(昭和59年)9月1日(土)第29号
発行/群馬県朝日会 あさひぐんま編集室

●うちのキャプテン 山崎、秋山に続け! 名門チームの小妖精 息もぴったり六人の仲間 高崎女子高新体操部主将 佐藤陽子さん(17) <記事・郁>
●デスク日記 異常に多い強制入院患者 「まかり通る?人権無視」
P2
●DISCOVER上州 昔を見つけた 富のシンボル 北群馬郡子持村白井の商家「豊嶋屋」に残る「うだつ」 <記事・樹>
●包丁 吸いつく切れ味 研ぎ職人新井満さんに聞く 〇ルーツを訪ねて 県立歴史博物館 学芸第一課長 戸山和夫さん 〇プロほど使い込む/研ぎ方のコツ 前橋市千代田町の老舗金物店「廣田」木部美代子さん
P3
●上州のお星さま 三日月 水上町藤原の伝承を聞く 話す人 吉野まごめさん(明治39年生) 聞き手 群馬星の会 北尾浩一さん
●曇りが多い中秋の名月 中秋の明月・後の明月―群馬の伝承― スターウオッチング―秋の星座―
●こえのひろば “関東の辺境”にさがす良さ/日曜大工であずま屋
●ひろば 音楽/演劇/美術/映画/催し
●あさひだより Bookプレゼント「歯無しにならない話」 余白に情報を
●記念切手発行日 第6回国際ウイルス学会記念
P4
●ルポ 湯けむりの里 伊香保 榛名中腹、天然の涼 森林浴後にひと風呂 <記事・晟>
●スニーカーで 鬼石町 水と石の相剋の町
●こんにちは タレに秘伝 蒲焼、豆腐 源氏 高崎市飯玉町