サンタのパスタ[毎日のお弁当がマンネリ気味で、先週は気分転換も兼ね前橋アーケード街にあるお気に入りのパスタ店で1人ランチ…]

毎日のお弁当がマンネリ気味で、先週は気分転換も兼ね前橋アーケード街にあるお気に入りのパスタ店で1人ランチをした。
店内にはツリーが飾られ、すっかりクリスマスモードで、ほっと一息。日替わりパスタを注文すると、赤ワインで煮込んだトロットロの牛肉がゴロっと乗って、緑のブロッコリーが鮮やかなペペロンチーノが出てきた。
早速、熱々モチモチの手打ちパスタをほおばる。すると、真ん中には何と輪切りの大根が鎮座しているではないか。独創的な食材の組み合わせにビックリ。しかも、おいしい。「パスタには合わない野菜」といった先入観は覆り、黄や緑の色どりが一層、食欲をそそる。
シェフの料理に使用されているのは、群馬のどこでも普通に手に入る食材ばかり。尖り過ぎず、ほっこりとした魅力がギュッと詰まった一皿には、未体験の世界観が織り込まれていた。
「ツリーに願い事を吊り下げようかな」 いつも、おいしいプレゼントを運んでくれるサンタのようなたれ目のシェフが、下を向いてボソっとつぶやいた。昨年夏、オープンしたお店を切り盛りするシェフに、クリスマスプレゼントをあげたくなった。また、大切な人を誘って一緒に食べに行こう。

(谷 桂)