朝日ぐんま写真講座 「野菜をモデルに楽しく写真を学ぼう!」参加者写真展

撮影ポイントを学んで 野菜も写真も大好きに 1/25~2/9

朝日ぐんま(前橋)は、スーパーのJAファーマーズ朝日町(前橋・井田貴寿店長)で、1月25日から、2月9日までの16日間、写真講座「野菜をモデルに楽しく写真を学ぼう!」に参加した幼児や主婦、会社員など約30人が撮影した野菜写真や講座風景など約50点を展示している。

JAファーマーズ朝日町の野菜直売コーナーに展示された作品

昨年12月の講座では、種苗会社に勤務する傍ら、作品発表やワークショップを行っている農業カメラマン網野文絵さん(33)が、これまでの経験をもとに構図作りや撮影方法、スマホの加工アプリの利用法などを紹介。「自分にしか撮れない写真にするには、発想力が大切」とアドバイスした。その後、同店の井田店長や農家の宮崎啓太さんが持参したブロッコリーなどの野菜を、近隣の公園で各自撮影を実践。キッチンカー「マーブルドーム」の西谷柾哉さんのカレーを食べながら、参加者同士で交流を深めた。

写真展を訪れた参加者の松井千秋さんは「同じ場所で撮影していたのにそれぞれ個性的な作品が展示されて面白いですね」と姉の美由紀さんと一緒に笑顔で鑑賞していた。網野さんは、「普段の野菜からは想像できない面白くて意外な野菜の一面が撮影されました。ぜひ、ご覧ください」と呼び掛ける。