子供のためにが自分の笑顔に (vol.7)

農業カメラマン網野文絵のKnow Life 

 

自然に囲まれ子供の近くでカモミールを栽培する飯塚代表

ハーブソルトの購入がきっかけで知り合った渋川飯塚ファームさん(渋川市川島)。「ぐんまの農産物を、おいしく、おしゃれに」をコンセプトにするファームです。

家を一歩出れば畑という代表の飯塚公知さん(42)のお宅に撮影で伺うと、必ず小学生の娘さんたちが私を出迎えてくれます。木陰のハンモックや秘密の遊び場、カモミール畑.…自慢そうに案内してくれる娘さんとのふれあいが楽しみです。

今回は子供が就農のきっかけとなった飯塚さんのお話です。

飯塚さんは、渋川市でサラリーマンの家に生まれ、地元を離れ大学を卒業した後、大手石油会社に就職。全国を転勤して回りました。

結婚し子供が生まれた飯塚さんは、転勤を繰り返すことは、子供にとって、「地に足を付けられずにストレスだろう」と感じました。ご自身も、毎晩帰りが遅く、子供との距離も離れたまま…もっと子供の近くで、自然に触れた生き方をしたい!

そんな飯塚さんに感化され、なんとご両親も一緒に農業をすることを決めたそうです。

木陰のハンモックは子供たちの絶好の遊び場

飯塚さんと両親、両方の我が子を思う気持ちがまとまり、ついに2012年、実家で農業を始めました。

両親とは畑を分けて、まず、自身は青梗菜(ちんげんさい)の栽培に取り組みました。しかし、生育が思うようにいかず悩むことに。目に留まったのは、奥さまが育てていたハーブの苗でした。しかしハーブだけでは、需要が少ないと再び考え込みました。その時、「何を残せたのかな」という亡き兄の言葉を思い出し、「自分らしい生き方と社会のためにできること」を考えました。

一度離れたからこそ、自然豊かな「地元農産物の価値」を感じていた飯塚さん。そして、逆にハーブ栽培をすることが、農産物の新たな価値を生み出すことになると考え、「ハーブ×フルーツ」のジャムを誕生させました。それを皮切りに販路がどんどん広がり、生産が追いつかないこともありましたが、いつもしっかりと畑を整えることを第一とし、16年に加工場を完成させました。

さて、サラリーマンから急展開した飯塚さんの姿は、子供たちにどう映っているのでしょうか? やはり、日々の仕事でそれほど遊ぶ時間はとれないけれど、親子2代で働く姿を、子供たちが間近に見ています。私は、「素敵な環境になったんだな」と、娘さんたちの笑顔を見て感じました。着実に前進する飯塚ファミリーがこれからもとても楽しみです。

あみのふみえ/フリーランス農業カメラマン

大学卒業後は、カネコ種苗㈱にて広報カメラマンとして13年勤務。もともと野菜が苦手だったが、畑で感じた匂いや景色に衝撃を受ける。これをきっかけに農業の現場を写真を通して伝えたいと農業カメラマンとして活動している。
インスタグラム:@amino_fumie
HP: www.knowlifephotos.com

 

掲載内容のコピーはできません。