スタイルブレッド 「Pan&(パンド)至福のクロワッサン」

第2回「食レポ」 

焼きたてパンにアイスやフルーツを はさんで のせる「#冷えクロ」に挑戦 !

白玉とあんことスーパーカップの抹茶アイスをはさんだ和風冷えクロ

冷凍パンシリーズ「Pan&」のクロワッサンと、冷たいアイスとをコラボさせSNSに投稿する「#冷えクロ」キャンペーンがあると知り、早速試してみた。

キャンペーンを展開するのは桐生でパンの製造販売を手掛ける「スタイルブレッド」(田中知代表取締役)。同社のパンは、群馬県産を主体とした国産小麦粉と自家製酵母2種類を使用し、低温でじっくり熟成。出来立ての美味しさを閉じ込めるため、焼き上げたパンを瞬間冷凍している。

公式サイト(https://stylebread.com/pand/campaign.html)を参考に4種の冷えクロに挑戦。まずは、凍っているクロワッサンのリベイク(焼き戻し)から。基本は「オーブントースターで2、3分加熱後、6~8分余熱で保温」だが、今回は自宅の魚焼きグリルで挑戦。アルミホイルの上で2分加熱(3分だと少し焦げてしまった)、その後約10分放置すると、表面がパリッと仕上がった。

ハーゲンダッツのバニラアイスとフルーツを挟んだパフェ風のトロピカル冷えクロ

お次はメインのアレンジ。明治の「エッセルスーパーカップ抹茶」は和風に。抹茶やあんこの味がクロワッサンのバターの風味と意外に合う。次に、高崎市新町に工場があるハーゲンダッツの「バニラ」には、キウイ、パイナップルなどのトロピカルフルーツを盛り付けてパフェ風に。マンゴーが滑りやすく苦戦したが、見た目も味もさわやかに仕上がった。

クリームを絞ってピノをトッピング

森永乳業の「ピノ」は、その存在感を活かすよう2段重ねに。クリームとイチゴ、ブルーベリーで華やかさを演出してみた。森永製菓の「板チョコアイス」は小さく割ってバナナのスライスとともにはさんだらチョコバナナ風に。いずれも、チョコとクロワッサンの相性の良さを実感できた。

どのアレンジも短時間で簡単だが、出来上がるそばから溶け始めるアイスと格闘しながら素早く撮影するのに苦戦した。しかし、このトロ~リとした感じも「をかし(趣がある)」。また、クロワッサンのサクサク感とアイスのなめらかな舌触りが見事にマッチ。夏休みに親子で楽しく作って撮って、上手にできたら是非投稿してみては?問い合わせはスタイルブレッド(0277-47-6200)へ。

 

掲載内容のコピーはできません。